診断・詳細調査

PCグラウト充てん度調査

衝撃弾性波法

衝撃弾性波法とは、PC鋼材の片側の定着部から弾性波を入力し、PC鋼材を伝達して反対側の定着部で受信した弾性波の特性から、シース内のグラウトの充てん状況を把握する非破壊による検査技術です。

インパクトエコー法

インパクトエコー法とは、弾性波法に分類されるものであり、入力した弾性波をコニカル型広帯域変位振動子により受信し、受信波の周波数解析結果からコンクリート内部の欠陥評価等を行う非破壊による検査技術です。

X線透過法

X線透過法とは、電磁波法に分類され、X線を対象物の断面方向に透過させ、撮影された透過画像から内部の様子を確認する非破壊検査技術です。 当社では、年間1000枚ほどのX線による撮影を実施しており、主に橋梁の補強工事における基礎データの取得を目的としてご活用頂いております。

非破壊調査技術

超音波法

超音波パルスをコンクリートに発射させ、既知距離間の伝播時間を測定して音速からコンクリートの品質を判断する非破壊による検査技術です。

赤外線法

赤外線法は赤外線カメラによって撮影された画像から、撮影した範囲の内部空洞やコンクリートの浮きなどの欠損、損傷を検出する非接触の検査技術です。

電磁波法

電磁波法とは、電磁波をコンクリートの表面から内部に向けて放射し、桁内部の鋼材からの反射信号を受信することにより、鉄筋や空洞などの位置を探査する非破壊による探査手法です。

その他

自然電位法

自然電位法とは、電気化学的計測法の1つで鋼材が腐食することによって変化する電位から、鋼材腐食を診断しようとする技術です。

分極抵抗法(交流インピーダンス)

分極抵抗法とは、電気化学的計測法の1つで、腐食電流の流れやすさの指標となる分極抵抗を測定し、データ処理によって、その鋼材の腐食速度を推定する非破壊による検査技術です。

設計・解析・分析

PC・RC構造物に関する詳細設計

※詳しくはお問い合わせください。

PC・RC構造物に関する補修・補強設計

※詳しくはお問い合わせください。

PC・RC構造物に関する耐震検討・設計

※詳しくはお問い合わせください。

非線形EFM解析

※詳しくはお問い合わせください。

温度解析

※詳しくはお問い合わせください。

時間依存性(クリープ・乾燥収縮)解析

※詳しくはお問い合わせください。

塩分分析の解析

※詳しくはお問い合わせください。